農家のお米、有機・無農薬米・自然栽培米・ブランド米等産地直送の「おこめ紀行」にお任せ。

サイトマップ > ご注文の方法 
 有機・無農薬米-TOP >  有機・無農薬米、合鴨米、れんげ米等お米の栽培方法は、年々変化しています。

有機・無農薬米
自然栽培米
特別栽培米
お米の栽培方法
産地から探す



有機・無農薬米
自然栽培米
特別栽培米
品種 栽培方法
県別 地域から
農家を探す

 佐賀県の米通販産地
 とびっきり!の 
ベスト! 5
福岡県の米販売産地
とびっきり!の
ベスト! 5
大分県の米産地
とびっきり!の
ベスト! 3
 熊本県の米販売産地
とびっきり!の
ベスト! 3
 長崎県の米産地
とびっきり!の
ベスト! 3
 宮崎県の米販売産地
とびっきり!の
ベスト! 3 
鹿児島県の米販売産地
とびっきり!の
ベスト! 3 

米の販売について

 ご注文
 代金 送料 
お問合せ
 ちょっと!ひとこと
ゲストブック
 お客様の声
食味のご感想
 自分のお好み 
チェック表
 良くある質問 Q&A

 コシヒカリを越える
ブランド

コシヒカリを越える
新しいブランド
第2、第3世代ブランド米
低アミローズ
高アミローズ
低アレルゲン
低グリテン米
巨大胚芽
有色素米 香り米
大小粒米

種類、品種、銘柄
栽培方法で
調べる

 はじめに
米の種類 品種 銘柄 こしひかり にこまる 
夢しずく 天使の詩
ミルキークイーン
筑紫ロマン その他
 自然栽培 
有機栽培の方法
日本の米の系図
世界の米と歴史
米 イネ
 稲作の歴史 
 稲作渡来人と
日本の歴史
 
編集雑記 

リンク集

 Link 集
 全国 直売所一覧

道の駅、直売所
4500店


日本の棚田100選
日本疎水100選 
山岳信仰の山々2429 
 
日本のお米の系図
明治~大正~昭和
平成~ 
 世界のお米
日本のお米
その歴史

慣行栽培から
有機無農薬米、自然栽培へ


  
    育苗、施肥、堆肥、無農薬、無化学肥料によるお米、
    れんげ、菜の花、クローバーでのお米の栽培方法、
 次々に新しいお米の栽培方法によるお米が登場しています
 


 戦後、特に朝鮮戦争終了後の昭和30年代からの農薬、
 化学肥料
散布強化は、すさまじく、日本古来の自然農法が捨てられていった。

 一般に農薬は爆薬と同じ原料で、戦争が終わると、農業に
転用されている。ベトナム戦争の枯れ葉剤が
日本の除草剤である。
 
爆薬は、それまではチリ硝石(鳥の糞の化石)から作っていたが、帝政ドイツが石炭からの合成に成功、自信をつけて、第一次世界大戦へと、踏み切ったが、日本では幕末富山藩では、
堆肥からの爆薬抽出に成功している。

 戦後の日本のコメ事情は、量の確保が先決であったので、
農協を通じて多量に、使用されたが、数年してから、さほど収量が多いわけでもないので次第に見直しが進んでいる。

 化学肥料は、まだ慣行栽培では野菜、果実同様
使用されているが、いずれも食味をあげるため、近年は戦前の
古来の日本の稲作に戻りつつある。

収量と美味しさを求めれば、多くの工夫が日々研究されつつ
あります。


   (追って、追記、充実させていきます。)


1.自然農法, 合鴨農法、
        不耕起直播栽培
 

  


自然農法
(古代農法)
 
 不耕起、直播き農法
 種籾は直播き、耕さず、藁を切って、
 まくだけ。
 簡単そうだが、コツが難しい。



緑肥栽培

 菜の花、れんげ、クローバー、麦
 など植えて、緑肥として使用。
 鋤きこむ。自然循環栽培。




混植栽培

 こしひかりとか一種類だけを、
 植えずに他の品種 もう1~2種
 植える。或いは、他の作物を植える。
 アメリカ農法のように、広いとこで、
 同じ物だけでは、病虫害の発生がひどく
 農薬は多量に必要。
 自然界のバランスを考えれば、当然です。



不耕起栽培

 自然農法でもあるが、土壌の微生物、
 EM菌のバランスが保てれば、
 可能である。

 弥生時代の焼き畑で稲作は可能です。
 陸稲がそうだが、収量は、減少か。



浮き草農法
 
 除草剤の代わりに、ヒエ、オモダカ、
 クログワイ、コナギなどの雑草ヲ、
 こめぬか散布などで、日光を遮断、
 雑草の発生を防ぐ方法。


合鴨農法

 古代中国でも行われていたが、
 九州で古野氏が考案した。
 戦前はアヒルを使用した。
 除草してくれる。



2.育 苗
 
 これまでは、春先に苗代をつくる
 ときに 消毒していましたが
 自然育苗の技術が完成している

 


3.除草、
 抑草
 の方法
 
  ダイオキシン、表面活性剤等による
 環境破壊に代わる方法として、
 あたらしい方法が、開発中である。
       
     雑草を大別すると

     1.湿性雑草
     2.水性雑草
     3.宿根性雑草
     4.浮遊性雑草
        
     この4種であるが

  方法としては 次の方法がすでに
  開発済みである。

 1.米ぬか、くず大豆、くず麦
  などの 投入で 有機酸や
  サボニンを発生させる方法

 2.乳酸菌、ユスリカ、イトミミズ、
  緑藻類を増やしトロトロ層をつくる。

 3.濁り水、緑藻類、浮き草による、
   光遮断による方法

 4.根粒菌による雑草類の養分九州を
   阻害させる方法

 5.その他
  ダイオキシン、
   表面活性剤等による
 環境破壊に代わる方法として、
 あたらしい方法が、開発中である。
       
     雑草を大別すると

     1.湿性雑草
     2.水性雑草
     3.宿根性雑草
     4.浮遊性雑草
        
     この4種であるが

  方法としては 次の方法がすでに
  開発済みである。

 1.米ぬか、くず大豆、くず麦
  などの 投入で 有機酸や
  サボニンを発生させる方法

 2.乳酸菌、ユスリカ、イトミミズ、
  緑藻類を増やしトロトロ層をつくる。

 3.濁り水、緑藻類、浮き草による、
   光遮断による方法

 4.根粒菌による雑草類の養分九州を
   阻害させる方法

 5.その他
  

4.施肥の種類と方法   




緑  肥

こめぬか

米  藁

くず大豆

大豆かす

炭、竹炭

海  藻

(鶏糞、牛糞
)
(輸入動物性堆肥)

 イネは基本的には、水から栄養分を
 吸収する。
 陸稲では野菜と同様、輪作傷害が
 起きやすい。
 施肥の方法は、畑作と同じように
 考えられるがここは農家の工夫
 次第でしょう。

 植物性肥料はその地区で手軽に
 入手できるもので、独自に工夫。

 年代物のぬか床と思えば、
         わかりやすい。

 何年ものの田んぼ~と自慢できる。
 3~5年もすれば、美味しいお米が
 できる。

 つくづく人の体と同じと思います。

 動物性肥料は自分で作られた物なら
 ともかく、安い輸入堆肥は、
 危険かもしれません。

 狂牛病や鳥インフルが混入するのは、
 時間の問題で、
 発覚していないだけと、
  もはや、自覚すべきでしょう。

最新の記事

 


  「参考資料」

●「無農薬有機の
  イネつくり」

  稲葉光圀

●「イネの有機
 栽培」
 現代農業 別冊

●「自然に還る」

  福岡正信

●「わら一本の
    革命」

  福岡正信

●「除草剤を
  使わない
  イネつくり」

 民間稲作研究所

●「自然農法の
  イネつくり」
  片野 学

●「実際家の自然
 農法イネつくり」

(財)自然農法
 国際研究開発
  センター

●「いま米に
  ついて」

  山下惣一